効率的に分岐合流部の設計を可能にするPTV Vissimを用いた交通シミュレーション

合流部の形状比較や公共交通優先方式の導入における分析、信号による効果の考察など、PTV Vissimを用いることにより、様々な交通現象のシミュレーションが作成可能です。自家輸送、物流輸送、鉄道および道路を利用した公共交通、歩行者および自転車など、微視的な交通シミュレーションの世界をリードするソフトウェアとして、PTV Vissimは、道路利用者をはじめとする様々な関係性を1つのモデルで表現可能です。科学的なサウンドモーションモデルは道路利用者に現実的なモデルの提供が可能です。

このソフトウェアは、柔軟な対応が可能です。リンクおよびコネクターを用いてシミュレーションを作成するため、あらゆるレベルにおける複雑な形状をモデリングできます。また、ドライバーや車両の特性などの個々のパラメータの設定が可能です。さらに、多数のインターフェイスを用いることにより、信号制御、交通マネジメントや排出量モデルなどを考慮することが可能です。

PTV Vissimの総合的な分析機能を用いることにより、都市および都市郊外部の交通の評価および計画するための最適なツールの作成が可能です。例えば、シミュレーションソフトウェアは、詳細な計算結果や様々なシナリオを忠実に再現した3Dアニメーションの作成ができます。政策決定者や市民などに対して説得力があり総合的なインフラストラクチャー計画を提示する際に最適な方法と言えます。

インフォグラフィック: シミュレーション内の運転挙動