PTV Optima: リアルタイムに交通予測を可能にするためのモデルに基づく解決策

PTV Optimaは、交通マネジメントを成功させる上で欠かせないソフトウェアです。このモデルベースソリューションは、交通網全体に関して高精度でリアルタイムの交通情報を提供し、60分先の信頼できる交通予測を作成します。

PTV Optimaによって、交通マネジメントセンターは現在および将来の交通情報をそのチームおよび道路利用者へ自動的に提供できます。これを実現するため に、PTV Optimaは実績のあるオフライン交通モデリングとリアルタイムデータならびにアルゴリズムを結合させます。

このプロセスは、関心のある交通エリアの"一般的な一日" (例えば、就労日や週末)を表わす、PTV Visumで作成された交通モデルをベースにしています。ここでは需要マトリクスを用いて交通サービスと旅行需要(交通需要)をモデル化します。PTV Visumは、動的な交通配分を使用して、旅行需要(交通需要)をベースにしたネットワークにおける時間依存型交通量と回転率を計算し、この情報をPTV Optimaに転送します。PTV Optimaにおいて、PTV Visumの基本モデルから得られた容量、速度および交通量を現在のローカルフローと道路状態を適用させるために、このデータはオンラインデータに結合されます。

PTV Optimaは明確にネットワーク構造、交通流の動的な変化、および道路利用者のルート選択行動を含めることが可能であり、同時に検出器(空間分布)なしに道路の交通条件をカバーし、予測不可能な事故(時間分布)の影響を予測できます。さらに予期しないイベントの結果も予測することも可能です。ツールは、さまざまな戦略的アクションを評価および比較する場合も使用できます。

道路管理者

道路管理者道路管理者は、PTV Optimaのウェブベースユーザーインターフェイス(GUI)です。直観的な構造をしており、日常業務を持っているマネジャーを効果的に補助します。道路管理者により以下が可能になります:

  • 現在の交通状態に関する地図ベースのモニタリング
  • オブジェクトとイベントに関する地図およびリストベースの作成、編集およびマネジメント
  • さまざまなシナリオの評価
  • 自動警告および通知の設定
地図ベースユーザーインターフェイスにより、事故によって発生する渋滞のシミュレーションと視覚化が行えます。
時間プロファイルは、選択したリンクの交通流量と速度に関する情報を提供します。
さまざまなシナリオを並列にシミュレーションして、リアルタイムで比較できます。このため、主要性能指標は個別に定義できます。
複雑なイベントの挿入をし、管理および表示をすることができます。

お問い合わせ先:

株式会社PTVグループジャパン
電話
:+81-3-6416-5885
Eメール:Sales.jpping@ptvgrouppong.com

Contact PTV Headquarter Training

Britta Mundinger
Tel.: +49 721 9651 8182
E-Mail: training.deping@vision.ptvgrouppong.com